奈良観光のことなら!現役の奈良観光ガイドがお届けする奈良観光ナビ
  • HOME »
  • いちおしスポット!

現役の奈良観光ガイドがお届けするいちおしスポット!


奈良市・2018年秋の寺社特別拝観

こんにちは!奈良観光ガイドです。

今回は、2018年秋に行われる奈良市内の寺社の特別拝観情報をいくつかご紹介します。

 

【興福寺】

・北円堂特別開扉 10月20日~11月12日

毎年春秋の特別公開となる北円堂。堂内安置の無著・世親像、四天王像、弥勒三尊像が拝観出来ます。

また、興福寺では10月20日より中金堂の一般公開も開始されます。

 

【東大寺】

・僧形八幡神像(国宝)特別公開 10月5日

東大寺では転害会法要に合わせて毎年10月5日に勧進所八幡殿が特別開扉されます。

堂内の僧形八幡神像は鎌倉時代の作で国宝です。

 

・公慶上人坐像(国宝)特別公開 10月5日

こちらも転害会に合わせた勧進所公慶堂の特別開扉です。

公慶上人像は江戸時代作の重文で、毎年4月12日と10月5日に特別公開となります。

 

・良弁上人坐像(国宝)特別公開 12月16日

東大寺の開山・良弁上人の命日である12月16日、開山堂が特別開扉されます。

良弁上人坐像は平安時代作の国宝です。

 

・執金剛神立像(国宝)特別公開 12月16日

良弁忌には東大寺法華堂の秘仏・執金剛神像が特別公開されます。

平将門の乱を平定したとの伝説も伝わる勇ましい秘仏です。

 

【唐招提寺】

・礼堂特別公開 10月21日~23日

礼堂内で金亀舎利塔(国宝)や釈迦如来立像(重文)などが拝観出来ます。

 

【西大寺】

・愛染明王坐像、聚宝館特別開館 10月25日~11月15日

秘仏・愛染明王は鎌倉時代作の重要文化財です。

 

【法華寺】

・十一面観音立像特別公開 10月25日~11月10日

本尊・十一面観音は平安時代のものとされる国宝です。

光明皇后がモデルとされる平城京随一の美仏です。

 


奈良公園の一番桜!氷室神社の枝垂桜

みなさん、こんにちは!奈良観光ガイドです。

今年も桜の季節がやってきました。奈良公園の桜と言えば、まずは氷室の枝垂れです!

氷室神社の枝垂れ桜

奈良国立博物館の向かいに建つ「氷室神社」は氷の神様をお祀りする神社です。平城遷都にともない春日野に氷池や氷室をつくり、稲作に 重要な夏の天候を呪う祭紀を行ったのがその始まりとされています。

境内の枝垂桜は、周辺の桜に比べて開花が早く、真っ先に咲くことから「奈良の一番桜」とも呼ばれています。

気になる開花状況は、3月24日時点で早くも7分咲き!週末の陽気で一気に満開となりそうです。

明日(25日)は日曜日で晴れの予報。当日は春季芸能奉納が催されます。

ぜひ奈良公園にお越しください!

※枝垂れ桜の開花情報は氷室神社公式HP(下記)にて更新中


氷室神社

    • 所在地: 奈良市春日野町(奈良国立博物館向かい)
    • 電話番号: 0742-23-7297
    • HP: http://www.himurojinja.jp/

月ヶ瀬梅林はただいま見頃!

みなさん、こんにちは!奈良観光ガイドです。

ここ数日の暖かな気候に誘われて、奈良の各所で梅の花が次々に咲いてきました。そんな中、今まさに見頃を迎えている梅の名所をご紹介します。

関西随一の梅の名所「月ヶ瀬梅林」

奈良市月ヶ瀬(旧:月ヶ瀬村)は、江戸時代、紅花染めの原料に必要な鳥梅の一大生産地でした。最盛期には10万本ほどの梅が生育されていたようですが、合成染料の登場により紅花染めは衰退しました。その後は懸命な保存活動により関西随一の梅の名所言われるまでとなり、多くの観光客の目を楽しませてくれています。

 

中央に五月川が流れる渓谷にある月ヶ瀬。「月ヶ瀬梅林」は月ヶ瀬尾山とその周辺に拡がる梅林の総称ですので、実際には複数の梅林がありどれも綺麗ですが、梅林越しに五月川を見下ろす「一目八景」の景観は特におすすめです。標高が高い分、平地の梅より遅咲きですので、3月下旬までまだまだ見頃が続きます。梅林各所で便利な「月ヶ瀬ウォーキングマップ」が配布されています。結構広いので地図を見ながら効率よく見て回ることをおすすめします!

※画像は2017年撮影のものです。


月ヶ瀬梅林


国文祭・障文祭なら2017

みなさこんにちは、奈良観光ガイドです。秋、観光のシーズンが間もなくはじまります。毎年この時期は多く方が奈良観光をしてくださいますが、この秋は例年以上になるかもしれません。9月1日から「第32回国民文化祭」「第17回全国障害者芸術・文化祭」が今年は奈良で開催されます。ちなみに2つ一体開催するのは全国初だそうで、開催前から注目を集めていました。期間中は開催地で演劇や吹奏楽、美術作品の発表が行われ、その様子から別名「文化の国体」ともよばれています。2017年奈良では初の開催で、オープニングセレモニーは9月2日東大寺大仏殿で行われる予定です。開催期間は9月1日〜11月30日。コンサートやシンポジウムも予定されているので、期間中奈良に訪れる方は要チェックです!

 

奈良のことならプロにおまかせ!

「この時期奈良観光を予定していたが、どこも混んでいそうで不安…。」という方は奈良専門のガイド【奈良観光ガイド】の利用もご検討ください。おひとりさまでも社員旅行など大人数でも対応可能です。時間内でより多くの場所を観光していただけるコース提案や休憩場所の紹介などプランニングからお手伝いさせていただきます。

秋の観光シーズンもお楽しみください!


国文祭・障文祭なら2017


2017年奈良公園~桜開花情報~②

みなさんこんにちは、奈良観光ガイドの佐藤です。

先週雨が降りましたが、奈良公園まだまだ桜の見頃は続きます。シダレザクラ、ヤマザクラは満開の時期を少々過ぎましたが、これからヤエザクラ、ココノエザクラもお楽しみいただけます!

本日の桜

画像は4月10日の氷室神社境内の桜です。東大寺や奈良国立博物館から片道徒歩10分程でご覧いただけるので。自由観光時間が長めのツアーのお客様にもおススメです。


氷室神社


1 2 3 6 »

奈良のイベント

3月
1
2019
終日 東大寺修二会(お水取り) 東大寺二月堂
東大寺修二会(お水取り) 東大寺二月堂
3月 1 – 3月 14 終日
752年から途切れることなく続けられる不退の行法・東大寺修二会。 11人の『練行衆』と呼ばれる精進潔斎した行者がみずからの過去の罪障を懺悔し、その功徳により興隆仏法、天下泰安、万民豊楽、五穀豊穣などを祈る法要行事。 3月1~14日までの二週間に渡り厳格な戒律の元様々な儀式が執り行われる。 初夜、二月堂上堂の際練行衆の道明かりとなる『お松明』は特に有名で、6mに達する大松明が欄干から突き出されると大量の火の粉が降り注ぎ、 詰めかけた参拝者から「わぁーっ」と歓声があがる光景は風物詩となっている。  
3月
15
2019
10:00 AM だったん帽いただかせ 東大寺二月堂
だったん帽いただかせ 東大寺二月堂
3月 15 @ 10:00 AM – 3:00 PM
東大寺二月堂修二会中に行われる『だったん』。火天と水天に扮した練行衆が須弥壇の周りを回り、跳ねながら大きな松明を何度も突き出す所作をします。 この時、練行衆が被る帽子を『だったん帽』と言います。修二会が満行を迎えた15日、このだったん帽を子供に被せて健康を祈願する、『だったん帽いただかせ』が行われます。
3月
22
2019
終日 法隆寺お会式 法隆寺聖霊院
法隆寺お会式 法隆寺聖霊院
3月 22 終日
聖徳太子の命日である3月22日からの3日間、太子の遺徳を讃え供養する法要『お会式』が法隆寺聖霊院で行われる。 聖霊院・律学院堂内はたくさんのお供物で飾られる。参道には露店が並び、賑わいをみせる。 法要は22日の13:00から。 ※この期間中にはご本尊である国宝・聖徳太子坐像が特別開扉されますが、お供え物が高く積まれているため実際に見ることは出来ません。ご注意ください。 ※3月21日、法隆寺閉門後の18時から『逮夜法要』が執り行われます。一般参加者は法要後に内陣に入り、短時間ですが聖徳太子像を拝観することができます。
4月
17
2019
1:00 PM 放生会 興福寺
放生会 興福寺
4月 17 @ 1:00 PM – 2:00 PM
殺生戒に基づく、捕えた生き物を供養する。 鯉を供養して猿沢池に放す
5月
19
2019
3:00 PM うちわまき 唐招提寺
うちわまき 唐招提寺
5月 19 @ 3:00 PM – 4:00 PM
午後1時より法要 午後3時から鼓楼からハート型の団扇を参拝者にまく 遭難・火難の魔除けにご利益があるといわれる

カレンダーを表示する

奈良の天気

サイト内検索

PAGETOP
〒630-8306 奈良県奈良市紀寺南方町370-1 TEL 0742-22-0455