奈良観光のことなら!現役の奈良観光ガイドがお届けする奈良観光ナビ
  • HOME »
  • いちおしスポット!

現役の奈良観光ガイドがお届けするいちおしスポット!


古都を彩る! 【若草山 山焼き】

みなさま、こんにちは。奈良観光ガイドです。

1月の第四土曜日、奈良公園の若草山では山焼きが行われます。今年2020年は25日に行われます。奈良を代表する行事のひとつです。

普段落ち着いた雰囲気の奈良公園も「山焼き」の日は大変混雑します。お土産もの屋さんの並ぶ若草山の麓も屋台が出店しいつも以上の活気です。多くのお店が若草山を望む建て方をしているため、山焼きの日山麓のお店はまさに「特等席」です。

まずは花火が上がり古都の夜空を彩ります。旅行客の方も地元の方も一緒に歓声をあげて空を眺めます。15分ほど花火が続きクライマックスの大きな花火が上がったあと、厳粛な空気の中いよいよ山焼きがはじまります。

 若草山 山焼き

若草山山焼きの起源は「若草山の周辺社寺、春日大社、興福寺、東大寺の領地争い」「春の芽生えをよくするための野焼き」「山焼きをしないと災厄が起きるため」など諸説ありますが、どの説が正しいのかは定かでありません。春日大社・興福寺・東大寺によれば「若草山山頂にある前方後円墳(史跡:鶯塚古墳)の霊魂を鎮めるための祭礼」とのことです。

一時期中断していた時期があるものの大昔からずっと行われてきたという事実と、その意味や背景を考えると歴史にロマンを感じます。

ぜひ、「若草山山焼き」間近でご覧ください。毎年1月の第四土曜日です!

 

 


若草山


木津川市・2019年秋の寺社特別拝観

みなさんこんにちは。奈良観光ガイドです。

今回は、奈良市のお隣・京都府木津川市の秋の寺社特別拝観の情報をまとめてみました。

【岩船寺】

★三重塔(重文)初層開扉

10月・11月の土・日・祝

※雨天・荒天時中止の場合あり

【浄瑠璃寺】

★吉祥天立像(重文)

10月1~11月30日

★三重塔(国宝)初層開扉

10月8日、10月26~11月4日、11月8日

【蟹満寺】

★両界曼荼羅

10月26~11月4日

【海住山寺】

★五重塔(国宝)初層開扉・奥の院十一面観音立像(重文)・四天王像・本坊庭園

10月26~11月10日

※荒天時中止の場合あり

【現光寺】

★十一面観音坐像(重文)

10月27日、11月2~4日

【神童寺】

★二十六坊境内図

10月26~11月4日

【西明寺】

★薬師如来坐像(重文)

10月29~11月4日

【旧燈明寺】

★千手観音像・十一面観音像・不空羂索観音像他

11月2~4日

【安福寺】

★阿弥陀如来坐像他

11月2~3日

【西念寺】

★本堂・薬師如来坐像他

11月2~3日

【高田寺】

★薬師如来坐像(重文)・阿弥陀如来坐像・不動明王立像

11月2~4日

 

木津川市にも魅力的なお寺がいっぱいです!ぜひお越しください!

お問い合わせ:一般社団法人木津川市観光協会 TEL:0774-73-8191


奈良市・2019年秋の寺社特別拝観

こんにちは!奈良観光ガイドです。

今回は、2019年秋に行われる奈良市内の寺社の特別拝観情報をいくつかご紹介します。

 

【興福寺】

・興福寺国宝特別公開2019 10月17日~11月10日 09時00分~17時00分(最終入場16:45)

※10月17日は13時頃より法要のため入場規制(1時間程度)

西国三十三所観音霊場第9番札所、南円堂の内部と本尊不空羂索観音菩薩坐像と四天王立像(ともに国宝)の拝観ができます。

南円堂は通常年にわずか1日、10月17日だけの開扉のところ、2019年は特別ロングラン公開となります!

南円堂と北円堂の同時公開は非常に貴重な機会ですので、是非お越しください!

【東大寺】

・僧形八幡神像(国宝)特別公開 10月5日

東大寺では転害会法要に合わせて毎年10月5日に勧進所八幡殿が特別開扉されます。

堂内の僧形八幡神像は鎌倉時代の作で国宝です。

 

・公慶上人坐像(国宝)特別公開 10月5日

こちらも転害会に合わせた勧進所公慶堂の特別開扉です。

公慶上人像は江戸時代作の重文で、毎年4月12日と10月5日に特別公開となります。

 

・良弁上人坐像(国宝)特別公開 12月16日

東大寺の開山・良弁上人の命日である12月16日、開山堂が特別開扉されます。

良弁上人坐像は平安時代作の国宝です。

 

・執金剛神立像(国宝)特別公開 12月16日

良弁忌には東大寺法華堂の秘仏・執金剛神像が特別公開されます。

平将門の乱を平定したとの伝説も伝わる勇ましい秘仏です。

 

【唐招提寺】

・礼堂特別公開 10月21日~23日

礼堂内で金亀舎利塔(国宝)や釈迦如来立像(重文)などが拝観出来ます。

 

【西大寺】

・愛染明王坐像、聚宝館特別開館 10月25日~11月15日

秘仏・愛染明王は鎌倉時代作の重要文化財です。

 

【法華寺】

・十一面観音立像特別公開 10月25日~11月14日

本尊・十一面観音は平安時代のものとされる国宝です。

光明皇后がモデルとされる平城京随一の美仏です。

 


2019年・桜イベント情報②

こんにちは!奈良観光ガイドです。

今年もお水取りが無事終わり、今週中にも桜が開花を迎えます。

今回は、2019年春に行われる桜のイベント紹介第二弾です。

 

【奈良市】

・秋篠川さくら祭り 3月30日(土)~4月7日(日)

近鉄学園前駅からバスで徒歩5分の場所にある秋篠川沿いには

154本ものソメイヨシノの木々が東西1.3kmに渡り立ち並びます。

川沿いは農地田園の風景が広がり、美しい桜並木と緑豊かな自然は心和やかになります。

場所:秋篠川桜並木一帯

 

【奈良市】

・第20回佐保川桜まつり燈火会 3月24日(日)~4月5日(金)

佐保路の風物詩、佐保川桜まつり燈火会。

「繋がる」をテーマに公募した数々のメッセージが揮毫されたあんどんは、

夕暮れになると桜を美しく照らしだします。

一部の河川敷は整備されているため、桜を見上げるように歩いてみるのも良し、

あんどんで照らされた夜桜を楽しむのも良し。

※あんどんによる夜桜観賞は3月30日から。日没から21時まで。

場所:大宮橋周辺~JR佐保川鉄橋

 

【柳生町】

・第14回柳生さくら祭

柳生石舟斎の没後400周年を記念して開催された柳生さくら祭も今年で14回目。

春の風と美しい桜が包み込む陣屋敷には太鼓の音が鳴り響き、歌声が谷間に響き渡ります。

さまざまな出店や奈良県下の伝統芸能など、桜とともに柳生の歴史・文化を堪能しましょう。

場所:旧柳生藩陣屋跡

お問い合わせ:柳生観光協会 TEL:0742-94-0002

 

ぜひご参加ください!

※イベント情報はマイタウン奈良より抜粋


月ヶ瀬梅林はただいま見頃!

みなさん、こんにちは!奈良観光ガイドです。

ここ数日の暖かな気候に誘われて、奈良の各所で梅の花が次々に咲いてきました。そんな中、今まさに見頃を迎えている梅の名所をご紹介します。

関西随一の梅の名所「月ヶ瀬梅林」

奈良市月ヶ瀬(旧:月ヶ瀬村)は、江戸時代、紅花染めの原料に必要な鳥梅の一大生産地でした。最盛期には10万本ほどの梅が生育されていたようですが、合成染料の登場により紅花染めは衰退しました。その後は懸命な保存活動により関西随一の梅の名所言われるまでとなり、多くの観光客の目を楽しませてくれています。

 

中央に五月川が流れる渓谷にある月ヶ瀬。「月ヶ瀬梅林」は月ヶ瀬尾山とその周辺に拡がる梅林の総称ですので、実際には複数の梅林がありどれも綺麗ですが、梅林越しに五月川を見下ろす「一目八景」の景観は特におすすめです。標高が高い分、平地の梅より遅咲きですので、3月下旬までまだまだ見頃が続きます。梅林各所で便利な「月ヶ瀬ウォーキングマップ」が配布されています。結構広いので地図を見ながら効率よく見て回ることをおすすめします!

※画像は2017年撮影のものです。


月ヶ瀬梅林


« 1 2 3 7 »

奈良のイベント

10月
8
2020
8:00 PM 翁舞 奈良豆比古神社
翁舞 奈良豆比古神社
10月 8 @ 8:00 PM
春日王の病気平癒のため、この神社に第一皇子浄人と第二皇子安貴王が祈願の舞を奉納したのに始まるといわれている。8日の宵宮祭は、午後7時頃から同町にある翁講によって、式三番叟が演じられる。三番叟と千歳の問答に、能狂言発達以前の古い形が残っており、国の重要無形民俗文化財。
10月
22
2020
終日 夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
10月 22 – 11月 22 終日
明治17年まで封印されていた救世観音立像を拝観できます
12月
14
2020
8:30 AM 仏名会 東大寺二月堂
仏名会 東大寺二月堂
12月 14 @ 8:30 AM
「過去」「現在」「未来」の三世諸仏の仏名を唱え、その年に犯した罪障を懺悔滅罪生善を祈る法会です。 古くは奈良時代に宮中で仏名を唱える法会が行われたと伝えられています。 二月堂本堂正面の局から格子越しに聴聞・見学できます。 御祈願をご希望の方はその年の11月末日までに二月堂へお申し込みください。
1月
1
2021
12:00 AM 東大寺初詣 東大寺
東大寺初詣 東大寺
1月 1 @ 12:00 AM – 8:00 AM
東大寺大仏殿(元旦) 元旦の0時より大仏殿中門を開扉。1日の8時まで無料で参拝できる(元旦のみ)。 また、大仏殿正面の観相窓が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができる。 これは8月15日の万灯供養会の夜とこの日の、通常年2回だけ。 中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができる。 東大寺上院二月堂 除夜の頃から周辺の石灯籠にも点火される。 (大仏殿参道鏡池南の常夜灯から二月堂周辺に至るまで約135基、この他電灯の入った灯籠もあり) 元旦は0時より、本堂で観音経の読誦が行われる。 また、この時から3日間、二月堂内では万灯明を灯している。
2月
3
2021
6:30 PM 節分万燈籠 春日大社
節分万燈籠 春日大社
2月 3 @ 6:30 PM – 8:30 PM
石燈籠2000基、釣燈籠1000基の合計3000基ある燈籠に 灯がともります。  

カレンダーを表示する

奈良の天気

サイト内検索

PAGETOP
〒630-8306 奈良県奈良市紀寺南方町370-1 TEL 0742-22-0455