奈良観光のことなら!現役の奈良観光ガイドがお届けする奈良観光ナビ
  • HOME »
  • いちおしスポット!

現役の奈良観光ガイドがお届けするいちおしスポット!


節分!【興福寺 追儺会】

みなさま、こんにちは。奈良観光ガイドの佐藤です。2月3日興福寺の追儺会に行ってまいりました。

興福寺の追儺会は境内の東金堂前に舞台を組み行われます。
東金堂本尊薬師如来の御宝前で日常の罪を悔い、国民の幸福を祈る「薬師悔過」の法要からはじまります。静けさの中、力強い声で唱えられるお経は大変迫力があり会場は厳かな空気に包まれました。このとき舞台の前はほぼ満員状態です。

続いて行われる「鬼追いの儀式」。この儀式には青鬼、赤鬼、黒鬼が登場します。
この三種類の鬼は人間の持つ悪い感情「貪り、怒り、愚か」を表していて、東金堂前の舞台で暴れまわります。
中盤には鬼たちが酒を飲み(もちろん演技です)酔っ払いさらに大暴れします。すると正義の味方毘沙門天が登場、勇ましく戟を振り鬼たちを退散させるといった内容です。鬼たちが退散した後には、大黒天が現れ「鬼は外!福は内!」「鬼は外!福は内!」と繰り返しながら舞台のはじからはじまで小槌を振って歩きます。

 

そしていよいよ豆まき!

毎年恒例の豆まきが開始されます。
興福寺の「興福豆」をまいたのは本年の年男とミス奈良でした。東金堂前は熱気に包まれ、会場に集まった方が両手を挙げ一心不乱に豆をキャッチしていました。私も一つキャッチ出来ました!
興福寺東金堂からまかれる豆の袋の中には「当たり」があり、様々な景品が当たります。今年は電子辞書、電気ヒーター、宿泊券、妖怪ウォッチグッズが景品として出品されていました。

興福寺の節分行事は奈良公園のものの中でも遅い時間帯「薬師悔過:18時半頃」「鬼追いの儀式:19時頃」「豆まき:19時半頃」なので、学校帰りや会社帰りでも参加が可能です。
薬師悔過の行事から参加する方が多いため、豆まきの時間ギリギリに行くと豆をキャッチ出来るところまで到達できません。今年は18時に東金堂前到着である程度前まで行けました。ぜひ来年2月3日は興福寺に立ち寄ってみて下さい。



鬼は外!福は内! 【奈良公園周辺の節分行事】

みなさま、こんにちは。奈良観光ガイドの佐藤です。

2月はじめの行事といえばやはり…「節分」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。私も小さなころは自宅で豆まきをしました。「鬼は外!福は内!」懐かしいです。

小さなお子様のいるご家庭では恒例かもしれませんが、大人になると節分を体感する機会はほとんどなくなります。「久しぶりに節分の雰囲気を味わいたい」という方は2月3日にお寺、神社に足を運んでみて下さい。厄除けや邪気除けの行事「追儺会」「節分会」などの名称で豆まきも行われます。「せんとくん」や「しかまろくん」「ミス奈良」が豆をまいたり、豆に福引がついていて豪華賞品が当たったりと各社寺特徴のある豆まきとなっています。その前後に行われる法要は豆まきの和やかなムードとは異なる、厳かな雰囲気で行われます。

 

奈良公園周辺の節分

奈良公園周辺の神社・お寺の節分行事は、それぞれ時間がずれているため、2月3日だけで五つの節分行事をご覧いただくことが可能です。

以下、予定開始時間です。

手向山神社「お田植祭」11:00

東大寺 二月堂「豆まき」14:00「星祭」18:00

http://www.todaiji.or.jp/

元興寺「大護摩供」12:00「豆まき」15:00

http://www.gangoji.or.jp/

春日大社「舞楽」17:30「燈籠点火」18:00

http://www.kasugataisha.or.jp/

興福寺「追儺会」18:30「鬼追い式」19:00「豆まき」19:30

http://www.kohfukuji.com/

当日は大変混みあいます。豆を絶対キャッチしたい!という方は前列に到達できるよう会場に早めに向かって下さい。


【びんどらばらだじゃそんじゃ】?

みなさま、こんにちは。奈良観光ガイドの佐藤です。

「びんどらばらだじゃそんじゃ」とは十六羅漢の一人です。(羅漢とは仏教について学び尽くした者、修行者として最高位ということを表しています。)

漢字では「賓度羅跋囉惰闍尊者」と書き、漢字も読みも非常に難しいため、一般的には「びんずる様」と呼ばれ親しまれています。全国の様々なお寺に安置されています。画像のびんずる様は奈良市東大寺の大仏殿前に安置されていますので、東大寺大仏殿を拝観される際にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

そして、びんずる様を撫でていってください。

お寺の仏像に触れるなんてとんでもない!と思った方もいるかもしれませんが、ご安心ください。多くのお寺でびんずる様は例外となっています。「撫で仏」として信仰されることが多いのです。自分自身の体の調子の良くない部位や良くしたい部位を撫でてから、びんずる様の体の同じ部位を撫でると神通力(超能力)によって治る、良くなるという民間信仰があります。

びんずる様は出家をして間もなく悟りを開くほど優秀な修行者であったといわれています。神通力も悟りを開いた際に得たそうです。病や怪我に苦しむ人を癒す力、その他にも人の心を読む力、肉眼では見えないほど遠くのものを見る力など様々な能力があり、お釈迦様の弟子として行動を共にしていました。しかし神通力をむやみに使用したことでお釈迦様から注意を受け最終的には追放をされてしまいます。とはいっても完全に見捨てられたというわけではなく、「私の元から離れ、遠い地で人々を救いなさい」というお釈迦様の思いもあったようです。どのお寺でもびんずる様がお堂の外に安置されるのは、お釈迦様から離れた遠い地で仏教を広め、人を救い続けていることを表現しているともいわれています。


華厳宗大本山東大寺

    • 所在地:〒630-8211 奈良市雑司町401-1
    • 電話番号:0742-22-5511
    • 拝観時間:午前8時~午後17時
    • 定休日:無休
    • HP:http://www.todaiji.or.jp/

はじめまして、奈良観光ガイドの佐藤です!

みなさま、はじめまして!私は奈良観光ガイドの佐藤と申します。

このたび、奈良観光ナビの「いちおしスポット!」を担当させていただくことになりました。奈良に住んでいて発見したもの、奈良に遊びに来る方にオススメの場所など、この場を借りてご紹介させていただきます。いちおしスポット!というタイトルですが「場所」に限らず、奈良の「コト」「モノ」も取り上げていこうと思っています。春秋の旅行シーズンはほぼ毎日奈良公園にいるため記事の内容が奈良市内にかたよりそうですが、出来るだけ広い範囲を紹介できるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

奈良を歩くのなら

奈良は国際観光都市です。毎年国内外から多くの方が観光にいらっしゃいます。

しっかりとスケジュールを組んで来られる方、とくに予定を組まずにのんびりと過ごされる方、様々な観光の仕方があります。奈良に遊びに行こう!と予定されている方は、ぜひお寺のこと、施設のこと等、ほんの少しだけ調べて来てみて下さい。「拝観時間が何時までか」「ここからここはこの位の距離」などの情報を知っているだけでも非常にスムーズな観光となります。(季節によって拝観時間の変わる社寺、博物館などの展示替え、工事による休館には特にご注意下さい)

みなさまの旅行、観光が素敵なものになりますように!

「下調べに時間をかけず純粋に観光を楽しみたい」「せっかくだから社寺や行事を案内付きでしっかり観たい」という方は、奈良専門のガイドをご利用ください。→奈良観光ガイドhttp://www.kankou-guide.jp/

奈良観光ナビには、奈良の社寺の拝観時間、料金、概要をまとめているページがありますので、ぜひご利用ください。→奈良のお寺・神社

 

 


奈良観光ガイド

    • 所在地:〒630-8306 奈良県奈良市紀寺南方町370-1 あじさいビル3F
    • 電話番号:0742-22-0455(代表)
    • 営業時間:
    • 定休日:無休
    • HP:http://www.kankou-guide.jp/

« 1 5 6 7

奈良のイベント

10月
8
2020
8:00 PM 翁舞 奈良豆比古神社
翁舞 奈良豆比古神社
10月 8 @ 8:00 PM
春日王の病気平癒のため、この神社に第一皇子浄人と第二皇子安貴王が祈願の舞を奉納したのに始まるといわれている。8日の宵宮祭は、午後7時頃から同町にある翁講によって、式三番叟が演じられる。三番叟と千歳の問答に、能狂言発達以前の古い形が残っており、国の重要無形民俗文化財。
10月
22
2020
終日 夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
10月 22 – 11月 22 終日
明治17年まで封印されていた救世観音立像を拝観できます
12月
14
2020
8:30 AM 仏名会 東大寺二月堂
仏名会 東大寺二月堂
12月 14 @ 8:30 AM
「過去」「現在」「未来」の三世諸仏の仏名を唱え、その年に犯した罪障を懺悔滅罪生善を祈る法会です。 古くは奈良時代に宮中で仏名を唱える法会が行われたと伝えられています。 二月堂本堂正面の局から格子越しに聴聞・見学できます。 御祈願をご希望の方はその年の11月末日までに二月堂へお申し込みください。
1月
1
2021
12:00 AM 東大寺初詣 東大寺
東大寺初詣 東大寺
1月 1 @ 12:00 AM – 8:00 AM
東大寺大仏殿(元旦) 元旦の0時より大仏殿中門を開扉。1日の8時まで無料で参拝できる(元旦のみ)。 また、大仏殿正面の観相窓が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができる。 これは8月15日の万灯供養会の夜とこの日の、通常年2回だけ。 中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができる。 東大寺上院二月堂 除夜の頃から周辺の石灯籠にも点火される。 (大仏殿参道鏡池南の常夜灯から二月堂周辺に至るまで約135基、この他電灯の入った灯籠もあり) 元旦は0時より、本堂で観音経の読誦が行われる。 また、この時から3日間、二月堂内では万灯明を灯している。
2月
3
2021
6:30 PM 節分万燈籠 春日大社
節分万燈籠 春日大社
2月 3 @ 6:30 PM – 8:30 PM
石燈籠2000基、釣燈籠1000基の合計3000基ある燈籠に 灯がともります。  

カレンダーを表示する

奈良の天気

サイト内検索

PAGETOP
〒630-8306 奈良県奈良市紀寺南方町370-1 TEL 0742-22-0455