矢田寺について

奈良県大和郡山市、矢田丘陵に位置する寺院。679年、天武天皇の勅願により創建されたと伝わる。

平安時代以降、地蔵菩薩信仰が盛んになるとその中心地として栄え、「矢田の地蔵さん」と親しまれている。本尊・地蔵菩薩像は平安時代の作で、通常の地蔵のように錫杖を持たない。右手親指と人差し指で輪をつくる、阿弥陀如来のような印相である。矢田寺境内の地蔵像は全てこの形式となっている。近年はアジサイ寺として非常に有名で、境内のアジサイ園には約60種10,000株のアジサイが植えられる。毎年6月上旬から7月上旬にかけて一斉に咲き誇るアジサイの風景が、多くの参拝者を楽しませている。


正式名称 金剛山寺
通称  矢田寺
宗派 高野山真言宗
本尊 延命地蔵菩薩
所在地 大和郡山市矢田町3549
電話番号 0743-53-1445
公式サイト http://www.yatadera.or.jp/

付帯情報

交通案内 近鉄郡山駅より 奈良交通バス「矢田寺」行き
MAP
大きな地図で見る
駐車場情報 境内(南入口)の駐車場は無料
表参道の民営駐車場は有料(普通車 100~500円、大型バス 2,500円)
車椅子による見学
拝観・開館時間 9:30~16:30
見学所要時間 50分
休日・休館
料金 あじさい開花期 入山料 一般:400円 小学生:200円 本堂 500円
備考