奈良観光のことなら!現役の奈良観光ガイドがお届けする奈良観光ナビ
  • HOME »
  • イベントカレンダー

奈良のイベント


1
東大寺修二会(お水取り)
東大寺修二会(お水取り) 東大寺二月堂
3月 1 – 3月 14 終日
752年から途切れることなく続けられる不退の行法・東大寺修二会。 11人の『練行衆』と呼ばれる精進潔斎した行者がみずからの過去の罪障を懺悔し、その功徳により興隆仏法、天下泰安、万民豊楽、五穀豊穣などを祈る法要行事。 3月1~14日までの二週間に渡り厳格な戒律の元様々な儀式が執り行われる。 初夜、二月堂上堂の際練行衆の道明かりとなる『お松明』は特に有名で、6mに達する大松明が欄干から突き出されると大量の火の粉が降り注ぎ、 詰めかけた参拝者から「わぁーっ」と歓声があがる光景は風物詩となっている。  
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
だったん帽いただかせ 10:00 AM
だったん帽いただかせ 東大寺二月堂
3月 15 @ 10:00 AM – 3:00 PM
東大寺二月堂修二会中に行われる『だったん』。火天と水天に扮した練行衆が須弥壇の周りを回り、跳ねながら大きな松明を何度も突き出す所作をします。 この時、練行衆が被る帽子を『だったん帽』と言います。修二会が満行を迎えた15日、このだったん帽を子供に被せて健康を祈願する、『だったん帽いただかせ』が行われます。
16
17
18
19
20
21
22
法隆寺お会式
法隆寺お会式 法隆寺聖霊院
3月 22 終日
聖徳太子の命日である3月22日からの3日間、太子の遺徳を讃え供養する法要『お会式』が法隆寺聖霊院で行われる。 聖霊院・律学院堂内はたくさんのお供物で飾られる。参道には露店が並び、賑わいをみせる。 法要は22日の13:00から。 ※この期間中にはご本尊である国宝・聖徳太子坐像が特別開扉されますが、お供え物が高く積まれているため実際に見ることは出来ません。ご注意ください。 ※3月21日、法隆寺閉門後の18時から『逮夜法要』が執り行われます。一般参加者は法要後に内陣に入り、短時間ですが聖徳太子像を拝観することができます。
23
24
25
26
27
28
29
30
31
佐保川・川路桜祭り
佐保川・川路桜祭り 奈良市内佐保川沿い
3月 31 – 4月 8 終日
樹齢160年を超える川路桜をはじめ佐保川両岸を薄桃色に彩る桜並木は圧巻。 平日18時~20時にはライトアップも。 4月7日の午後7時からは燈籠流し。

奈良のイベント

8月
13
2020
7:00 PM 東大寺大仏殿夜間拝観 東大寺大仏殿
東大寺大仏殿夜間拝観 東大寺大仏殿
8月 13 @ 7:00 PM – 8月 14 @ 9:00 PM
19時から21時まで特別に夜間拝観ができます(無料)
8月
15
2020
7:00 PM 東大寺万灯供養会 東大寺大仏殿
東大寺万灯供養会 東大寺大仏殿
8月 15 @ 7:00 PM – 10:00 PM
大仏殿のまわりに2500基ほどの灯籠が並べられる また大仏殿正面の観相窓が開いて、大仏さまのお顔が灯火に浮かび上がるさまを参道から拝んでいただくこともできる。
9月
17
2020
6:00 PM 十七夜・十七夜盆踊り 東大寺二月堂
十七夜・十七夜盆踊り 東大寺二月堂
9月 17 @ 6:00 PM
毎月17日は観音様の縁日で、特に旧暦8月17日は十七夜と呼ばれ各地の観音霊場で様々な法要や催しが行われてきました。 東大寺の二月堂でも、毎年9月17日、堂内に万灯明をともし、本堂周辺にも万灯籠を配置して十七夜の法要をお勤めしています。 夕刻には二月堂本堂周辺に500基前後の願い事や絵を描いた万灯籠が配置されます。 盆踊りは18半から二月堂下の広場で行われ、自由に参加できます。
10月
8
2020
8:00 PM 翁舞 奈良豆比古神社
翁舞 奈良豆比古神社
10月 8 @ 8:00 PM
春日王の病気平癒のため、この神社に第一皇子浄人と第二皇子安貴王が祈願の舞を奉納したのに始まるといわれている。8日の宵宮祭は、午後7時頃から同町にある翁講によって、式三番叟が演じられる。三番叟と千歳の問答に、能狂言発達以前の古い形が残っており、国の重要無形民俗文化財。
10月
22
2020
終日 夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
10月 22 – 11月 22 終日
明治17年まで封印されていた救世観音立像を拝観できます

カレンダーを表示する

奈良の天気

サイト内検索

PAGETOP
〒630-8306 奈良県奈良市紀寺南方町370-1 TEL 0742-22-0455