奈良観光のことなら!現役の奈良観光ガイドがお届けする奈良観光ナビ
  • HOME »
  • イベントカレンダー

奈良のイベント


2月
3
2021
節分万燈籠 春日大社
2月 3 @ 6:30 PM – 8:30 PM

石燈籠2000基、釣燈籠1000基の合計3000基ある燈籠に

灯がともります。

 


2月
8
2021
しあわせ回廊 なら瑠璃絵 奈良公園内(東大寺、新公会堂、奈良国立博物館、興福寺、春日大社)
2月 8 @ 6:00 PM – 2月 14 @ 9:00 PM

なら瑠璃絵は冬の新たな風物詩。

春日大社、興福寺、東大寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつなぎます。

期間中は

①春日大社の燈籠点灯・御本殿夜間参拝(閉門20:30)

②興福寺の東金堂拝観・国宝館夜間開館(最終受付19:45閉扉20:00)

③東大寺大仏殿は観相窓が開き金銅八角燈篭には火が灯ります

※中門外からの拝観

(場所によって拝観料、入館料が必要です。)

イベント詳細・お問い合わせは【なら瑠璃絵実行委員会】まで

URL http://wwwrurie.jp/

 


6月
5
2021
国宝・鑑真和上坐像特別公開 唐招提寺御影堂(数年間は新宝蔵)
6月 5 @ 8:30 AM – 6月 7 @ 5:00 PM

鑑真大和上の命日である6月6日に合わせ、国宝・鑑真和上坐像の厨子の扉が開かれます。

毎年6月5~7日の3日間が特別公開日となっています。

場所は唐招提寺御影堂ですが、ここ数年は御影堂修理のために新宝蔵での公開となっています。

 


7月
7
2021
興福寺三重塔特別公開 興福寺
7月 7 終日

毎年7月7日は、興福寺の国宝・三重塔が特別開扉され、窪弁財天像などが拝観できます。

当日は10時から法要が行われます。

 

拝観時間は9時~16時

 


10月
22
2021
夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
10月 22 – 11月 22 終日

明治17年まで封印されていた救世観音立像を拝観できます


1月
1
2022
東大寺初詣 東大寺
1月 1 @ 12:00 AM – 8:00 AM

東大寺大仏殿(元旦)

元旦の0時より大仏殿中門を開扉。1日の8時まで無料で参拝できる(元旦のみ)。

また、大仏殿正面の観相窓が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができる。

これは8月15日の万灯供養会の夜とこの日の、通常年2回だけ。

中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができる。

東大寺上院二月堂

除夜の頃から周辺の石灯籠にも点火される。

(大仏殿参道鏡池南の常夜灯から二月堂周辺に至るまで約135基、この他電灯の入った灯籠もあり)

元旦は0時より、本堂で観音経の読誦が行われる。

また、この時から3日間、二月堂内では万灯明を灯している。


2月
3
2022
節分万燈籠 春日大社
2月 3 @ 6:30 PM – 8:30 PM

石燈籠2000基、釣燈籠1000基の合計3000基ある燈籠に

灯がともります。

 


2月
8
2022
しあわせ回廊 なら瑠璃絵 奈良公園内(東大寺、新公会堂、奈良国立博物館、興福寺、春日大社)
2月 8 @ 6:00 PM – 2月 14 @ 9:00 PM

なら瑠璃絵は冬の新たな風物詩。

春日大社、興福寺、東大寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつなぎます。

期間中は

①春日大社の燈籠点灯・御本殿夜間参拝(閉門20:30)

②興福寺の東金堂拝観・国宝館夜間開館(最終受付19:45閉扉20:00)

③東大寺大仏殿は観相窓が開き金銅八角燈篭には火が灯ります

※中門外からの拝観

(場所によって拝観料、入館料が必要です。)

イベント詳細・お問い合わせは【なら瑠璃絵実行委員会】まで

URL http://wwwrurie.jp/

 


6月
5
2022
国宝・鑑真和上坐像特別公開 唐招提寺御影堂(数年間は新宝蔵)
6月 5 @ 8:30 AM – 6月 7 @ 5:00 PM

鑑真大和上の命日である6月6日に合わせ、国宝・鑑真和上坐像の厨子の扉が開かれます。

毎年6月5~7日の3日間が特別公開日となっています。

場所は唐招提寺御影堂ですが、ここ数年は御影堂修理のために新宝蔵での公開となっています。

 


10月
22
2022
夢殿本尊救世観音 特別開扉(秋季) 法隆寺
10月 22 – 11月 22 終日

明治17年まで封印されていた救世観音立像を拝観できます


奈良のイベント

12月
14
2020
8:30 AM 仏名会 東大寺二月堂
仏名会 東大寺二月堂
12月 14 @ 8:30 AM
「過去」「現在」「未来」の三世諸仏の仏名を唱え、その年に犯した罪障を懺悔滅罪生善を祈る法会です。 古くは奈良時代に宮中で仏名を唱える法会が行われたと伝えられています。 二月堂本堂正面の局から格子越しに聴聞・見学できます。 御祈願をご希望の方はその年の11月末日までに二月堂へお申し込みください。
1月
1
2021
12:00 AM 東大寺初詣 東大寺
東大寺初詣 東大寺
1月 1 @ 12:00 AM – 8:00 AM
東大寺大仏殿(元旦) 元旦の0時より大仏殿中門を開扉。1日の8時まで無料で参拝できる(元旦のみ)。 また、大仏殿正面の観相窓が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができる。 これは8月15日の万灯供養会の夜とこの日の、通常年2回だけ。 中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができる。 東大寺上院二月堂 除夜の頃から周辺の石灯籠にも点火される。 (大仏殿参道鏡池南の常夜灯から二月堂周辺に至るまで約135基、この他電灯の入った灯籠もあり) 元旦は0時より、本堂で観音経の読誦が行われる。 また、この時から3日間、二月堂内では万灯明を灯している。
2月
3
2021
6:30 PM 節分万燈籠 春日大社
節分万燈籠 春日大社
2月 3 @ 6:30 PM – 8:30 PM
石燈籠2000基、釣燈籠1000基の合計3000基ある燈籠に 灯がともります。  
2月
8
2021
6:00 PM しあわせ回廊 なら瑠璃絵 奈良公園内(東大寺、新公会堂、奈良国立博物館、興福寺、春日大社)
しあわせ回廊 なら瑠璃絵 奈良公園内(東大寺、新公会堂、奈良国立博物館、興福寺、春日大社)
2月 8 @ 6:00 PM – 2月 14 @ 9:00 PM
なら瑠璃絵は冬の新たな風物詩。 春日大社、興福寺、東大寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつなぎます。 期間中は ①春日大社の燈籠点灯・御本殿夜間参拝(閉門20:30) ②興福寺の東金堂拝観・国宝館夜間開館(最終受付19:45閉扉20:00) ③東大寺大仏殿は観相窓が開き金銅八角燈篭には火が灯ります ※中門外からの拝観 (場所によって拝観料、入館料が必要です。) イベント詳細・お問い合わせは【なら瑠璃絵実行委員会】まで URL http://wwwrurie.jp/  
6月
5
2021
8:30 AM 国宝・鑑真和上坐像特別公開 唐招提寺御影堂(数年間は新宝蔵)
国宝・鑑真和上坐像特別公開 唐招提寺御影堂(数年間は新宝蔵)
6月 5 @ 8:30 AM – 6月 7 @ 5:00 PM
鑑真大和上の命日である6月6日に合わせ、国宝・鑑真和上坐像の厨子の扉が開かれます。 毎年6月5~7日の3日間が特別公開日となっています。 場所は唐招提寺御影堂ですが、ここ数年は御影堂修理のために新宝蔵での公開となっています。  

カレンダーを表示する

奈良の天気

サイト内検索

PAGETOP
〒630-8306 奈良県奈良市紀寺南方町370-1 TEL 0742-22-0455